法律相談

交通事故の際に

交通事故に巻き込まれた際は、相手に損害を請求できることがあります。この際に、弁護士を雇っていると被害者の主張が通りやすくなります。法律に詳しい専門家を味方に付けて、泣き寝入りしないようにしましょう。

交通事故にあったら

交通事故に遭った場合は、その程度によって請求できる金額が違います。どの程度の被害だったかを冷静に判断して、手続きを行なうのが困難という場合は、弁護士に相談してみましょう。賠償金が多額の場合は費用倒れの心配もありません。

債務を整理する

借金の返済に困った場合は、信頼できる弁護士に債務整理を行なってもらいましょう。様々な種類の債務整理を提案してもらえるので、自分に合った方法を見つけることができます。

離婚をスムーズに

従来は、当事者同士で離婚問題を解決することができず、調停や裁判になってしまってから弁護士に相談する人が多かったのですが、最近ではその状況に変化が現れてきています。弁護士を利用すればその費用がかかりますので、当事者間の話し合いで協議離婚できるのがベストです。しかし、現実的なことを考えると、当事者間の話し合いがすんなりとまとまるようなことは滅多にありません。当事者双方にそれぞれの言い分がありますし、お互いにできるだけ損しない方法で離婚したいと考えているのが普通ですから、協議が簡単にまとまらないのが当たり前です。また、当事者はどうしても感情的になってしまいがちですので、問題がこじれてしまうケースが少なくありません。そのため、最近では、協議離婚する場合にも、弁護士のサポートを受ける人が多くなってきています。

日常的に弁護士と付き合いがあるという人はあまり多くありません。友人や知人に弁護士がいればその人に頼むという方法がありますが、頼める心当たりが全くないという人の方が多いです。そのような時に重宝することができるのが、住所地を管轄する弁護士会の紹介サービスです。電話をかけて事情を話せば、無料で離婚問題に詳しい弁護士を紹介してもらうことができます。紹介されたからといって必ず委任契約を結ばなくてはならないといった決まりはありませんので、会ってみて気に入らなければ断ることができます。また、インターネットで法律事務所の情報収集をしてみるという方法もあります。最近は、紹介者がいない人からの依頼でも引き受ける弁護士が多くなりましたので、まずはコンタクトを取ってみることをおすすめします。